病院でのアドバイス

【後期高齢者医療制度】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 今回の情報は平成20年1月現在のもので、
 制度が変わる可能性もある事をあらかじめご了承下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今回は『後期高齢者医療制度』についてお話します。

広報「ゆりほんじょう」1月1日号13ページに、
『後期高齢者医療保険料が決まりました』と記載してありました。

今年4月から開始するこの新制度、
率直にいいますといいことが何一つないと私自身は感じています。

これは『後期高齢者医療制度』という新制度によって、
75歳以上の人はすべて保険料の負担を求められるというものです。
(家族に扶養されている人もすべてです)

対象になるのは、75歳以上の方です。

現在と新制度後との大きな違いや概要は、下記の通りです。

■現在■
 健康保険や国民健康保険に加入している
 (または扶養家族になっている)

  ①保険料=扶養家族は負担なし
  ②窓口負担=原則1割

■今後■(平成20年4月より開始)
 健康保険を脱退または、扶養家族から外され、
 後期高齢者だけの独立保険に組み入れられる。

  ①保険料=負担あり(ほとんどが年金から天引きされる)
  ②窓口負担=原則1割(変わらず)

■負担しなければいけなくなる保険料(秋田県)■
 所得割額(所得に応じた分)+均等割額(年額38,426円)
  ※2年ごとに改定(おそらく引きあがる)

■軽減措置■
  配偶者や子供の扶養家族となっているため
  保険料を払ってこなかった方は、2年間半額になります。

■徴収方法■
  介護保険料と同じで、年金が18万円以下の方は直接徴収、
  それ以外の人は年金から自動的に天引きされます。

■滞納した場合■
  天引きでない方(直接徴収の方)が1年間保険料を滞納すれば、
  保険証が取り上げられてしまいます。
  (病院が10割負担になる)

  ※今までの健康保険ではやってはいけなかった事を、
   今後は行おうとしています。

 なお、制度の内容が知られるにつれ、
 国民の大きな怒りが巻き起こっており、
 制度の中止や撤回を求める意見書が提出されたりしています。
 (当然です!)

 今回は、ここまでです。

============================================================
『NPO法人矢島フォーラム』は、ご寄付や会員を募集しています。
そして、矢島町をもっと元気にしましょう!
http://www.yashima-npo.org/html/modules/system/modules/menu/main.php?page_id=20&op=change_page
============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【高額療養費制度】

健康保険って
「保険証を提示すると自己負担が3割になるだけ」だけだと思っていませんか?

重い病気や長期入院した場合だと、たとえ3割の自己負担でも
支払う医療費は高額になる場合があります。
そんな時、知っていると得をする制度を今回はご紹介します。

簡単に言うと、1ヶ月に大体8万円以上を支払った場合、
申請することにより、超えた分が戻って来る制度です。
ぜひ活用して下さい。

ただし、以下の事も覚えてください。
 ①差額ベット代や入院時食事代などは対象から除外されます
 ②同一人物で診療科の別、通院、入院別の合計です。
  ×内科で通院2万円、入院7万円では対象外となります。
  ×内科で4万円、整形外科で5万円でも対象外です。
 ③一回の入院でも、月をまたぐと各月の支払額が基準になります。
 ④今回は70歳未満の一般の方でのお話し(8万円)ですが、
  70歳以上や低所得者(生活保護者、市町村民税非課税世帯など)は
  さらに自己負担額が軽減され、もっと多く戻ってきます。
 ⑤給与が53万円以上のお金持ちの方は15万円を超えた分しか
  戻ってきません。

  ※「細かい計算方法」や「さらに詳しい内容」は、省略しております。
    あらかじめご了承ください。
   

 ●手続き方法●
・申請先は病院ではありません。
・矢島総合支所の市民課へ以下の書類を持参してください。
 ①国民健康保険被保険者証
 ②印鑑
 ③病院の領収書等
 ④世帯主名義の預金通帳(郵便貯金を除く)
・払い戻しには2~3ヶ月ほどかかります。


============================================================
★『NPO法人矢島フォーラム』は、会員や寄付を募集しています★

http://www.yashima-npo.org/html/modules/system/modules/menu/main.php?page_id=20&op=change_page
============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)